みやこ健幸公開講座

第6回みやこ健幸公開講座
死に向けて生きる医療(その2)終末期医療を考える
日時: 3月17日(土)13:00~14:00
場所: サンヒル都 大会議室
講師: 大森 豊緑 教授
  (講師紹介)名古屋市立大学大学院 医療健康政策科学講座)
司会: 藤田 毅
  (医療法人 都健幸会 名誉理事長)
(りんくう総合医療センター名誉総長)

第6回みやこ健幸公開講座は終了しました。

ごあいさつ
高齢者になって誰しも願うことは、健やかに老後を過ごし、安らかに死を迎えることです。
現在、癌患者の終末期医療については、「がん対策基本法」の施行などによって緩和ケアの普及が進んでいます。
しかし、高齢化社会における死亡原因は癌だけではありません。
昨今、安易な胃ろう造設に疑問がもたれていますが、こうした延命医療や生命維持装置などをどう選択し受け入れるか否かという生前の意思表示(リビングウィル)が、自己決定権として今後重要になります。
また同時に、超高齢化社会は多死時代の到来ともなり、これからは看取りの場所を何処に求めるかなど、尊厳死と安楽死の観点からも高齢者に対する終末期医療は転換期を迎えようとしています。

お問合せ先

医療法人 都健幸会 都健幸会クリニック
阪南市桃の木台8丁目423-32
072-476-1133
担当:村田

講演会場

サンヒル都
阪南市桃の木台8丁目423-30
072-476-0888

桃の木台ルート送迎案内

サンヒル都地図
サンヒル都の写真
「駅前」住宅型有料老人ホーム入居募集スタート
住宅型有料老人ホームメゾン・デ・サントネールアネックス